物欲の鬼の独り言

面白いものとか役に立つものとかをいろいろ紹介したい。あとは趣味の話を垂れ流し。雑談のカテゴリーはただの独り言です

ゲームのプレイ日記のようなもの まとめ

このブログのメインコンテンツ・・・というわけでもないんですが、ゲームの感想なんかを記事にすることが多いので、ゲームごとにまとめてみました。

 

マスエフェクト レジェンダリーエディション

ニーアレプリカント リメイク

モンスターハンター ライズ

サイバーパンク2077

アサシンクリードヴァルハラ

ペルソナ4G

リングフィットアドベンチャー

Ghost of Tsushima

ゼノブレイドDE

あつまれどうぶつの森

FF7R

Factrio

Dead Cells

侍道外伝 刀神

ドラゴンボール ゼノバース2

ドラゴンボールZ KAKAROT

Orna The GPS-RPG

お姉チャンバラORIGIN

デス・ストランディング

kenshi

アウターワールド

ライザのアトリエ

夢を見る島リメイク

ボーダーランズ3

アストラルチェイン

Subnautica

モンスターハンターワールド:アイスボーン

FF零式

METALGEAR RISING

メトロ エクソダス

Days Gone

フィリス、リディ&スールのアトリエ

ルルアのアトリエ

ニーアオートマタ

ネルケと伝説の錬金術師たち

キングダムハーツⅢ

 

その他個々にまとめるほどでもない記事たち

単発ゲーム日記まとめ


関東も梅雨入り

昨日関東甲信も梅雨入りしたそうです。

平年より7日遅いとか。

なんかもう梅雨終わったんじゃね?くらいの感じもありますけど、昨日みたいな天気がこれから続くんでしょうかね。今日は雨までは降ってないみたいですが・・・。

昨年は梅雨が長引いて、開けた途端地獄のような暑さでしたね。

今年の夏もまぁ暑くなるんでしょうけど、程々でお願いします・・・。

 

マスエフェクトLE 3プレイ中 アサリの故郷とミランダの父親 あとDLCクエスト

アサリの評議員に話があると呼ばれ言ってみると、クルーシブルの完成に最も重要なパーツであるカタリストの手がかりが、アサリの故郷の星セッシアにあるかもしれないとの情報。

向かってみると、セッシアもリーパーに攻撃を受けている真っ最中。しかし、なんとしてもカタリストの情報を入手したいため、数々の犠牲を出しながらも遺跡へたどり着きます。

リアラによれば、小さい頃に母親(ベネジア)に連れて来られたこともある、とのこと。

一度ビーコンに触れているシェパードによって、これはプロセアンの異物である事がわかります。

プロセアンの異物の存在を隠すのは銀河系において重罪であるため、アサリ評議員はこのことをシェパードに教えるのを渋っていたということのようです。

異物を手に入れようとすると、シタデルで襲ってきた暗殺者、カイレンが現れます。応戦しますが、隙を突いて異物のデータを奪われてしまい、あえなく撤退。

セッシアも、アサリたちの抵抗も虚しく陥落してしまいます。ここに来て手痛い敗北を喫してしまいます。

 

どうにかしてカイレン、サーベラスの居場所を探れないか?という話になり、トレイナーがカイレンの艦の足跡がとある宙域で消えている、と教えてくれます。

そこは2でも行ったホライゾン。そこに避難民を収容する施設サンクチュアリがあるのですが・・・。

行ってみるとミランダの妹オリアナから騙されるな!来てはいけない!という通信。これはおそらくここに来る避難民たちに当てられたもの。

降り立つと戦闘があった跡。ここもリーパーに襲われており、やっぱりというかなんというか、サーベラスの兵もいました。

進んでいくと、すでにミランダが妹を助けにここに来ていること、そしてミランダたちの父親ヘンリーがサーベラスの指示の下、避難民たちを実験体にしてリーパーを洗脳する技術を研究している施設であることがわかります。

更にカイレンもやはりここに来ていたようですが、ヘンリーと対峙したときにはすでに実験データを奪って去った後でした。

ヘンリーもサーベラスにとっては捨て駒でしかなかったというわけですが、ミランダの手により倒され、ミランダは父との因縁に終止符を打ちます。

更にミランダはカイレンに発信機を取り付けており、これでサーベラスの本拠地がわかるのでした。

 

というところまでやって、ここから残っていたDLC相当のクエストをやることにしました。

まずはシタデルでの船外休暇。アンダーソン提督が使うつもりだった豪華マンションをもらったシェパード。ジョーカーから誘いのメールが来たので行ってみると、ジョーカーもメールを貰ったから来た、と言います。

そこにマヤブルックスという連合士官が現れ、シェパードの命が誰かに狙われている!というのですが・・・。

なんやかんやあって、どうやら誰かがシェパードの個人情報にアクセスし、盗み出している模様。それを追跡していくと、なんとシェパードのクローンが現れます。

2でサーベラスに再生されたシェパードですが、その際に「部品取り」のための予備として作ったクローンだそう。シェパード本人になりすまし、ノルマンディーまで奪おうとしています。

クローンは更に情報を得るためか、銀河の歴史の情報が保存されているシタデルアーカイブに向かったようなので追うのですが、マヤの裏切りもあって最終的に全員捕らえられてしまいます。

これだけ書くとだいぶシリアスなんですが、道中の仲間の会話がとてもコミカルで面白いです。

ちなみに、このクエストではレックスも連れていくことができます。クローガンの正装は一見の価値あり(笑)。

無事脱出に成功し、ノルマンディーに乗り込んでしまった偽物一行と直接対決。これを退け無事本当の船外休暇となります。

この後はマンションでパーティーも開けるようですが、この時点で自由に行動できるようになるので、それはちょっと後のお楽しみで。

 

次にアリアとともにオメガをサーベラスから奪還するクエスト。

アリアはオメガを知り尽くしてはいるものの相手も一枚上手で、オメガにたどり着くのも一苦労。途中でアリアの旧知の仲であるというナイリーンがパティーに入ってくれます。トゥーリアンの女性は結構珍しいなぁ。

なんとかバンカーまでたどり着くも、ここまで犠牲が多すぎて兵が足りず、タロンという現地で抵抗を続けている傭兵団を仲間に引き入れるべく動きます。

結局ナイリーンがタロンのリーダーであり、タロンの本拠地をサーベラスから取り戻すことにより一緒に戦ってくれることになります。

ナイリーンの犠牲もありやっと敵を追い詰め、オメガはアリアの手に戻りました。

 

最後にリヴァイアサンのクエスト。

どうやらリヴァイアサンという何者かが、リーパーを倒したことがあるらしいということで、それを研究しているブライソン博士の研究所へ向かうのですが、洗脳された助手がブライソン博士を殺してしまいます。

研究所を調べると、ガノー博士という人が情報を持っているらしいということで、所在を突き止めて向かいます。

向かった先はとある企業の研究所らしいのですが、入り口にリーパーがいるも中にいる人達は落ち着き払った様子でなにかおかしい。

奥まで進んでみるとリヴァイアサンの異物がありますが洗脳された研究員に破壊され、ガノー博士も亡くなっていました。

ガノー博士にはアンという一緒に研究していた娘がいることがわかり、また居場所を特定して探しに向かいます。

アン博士がいる星もリーパーに攻撃を受けており、なんとか助け出して脱出します。

その後ブライソン博士の研究所に戻り、アン博士がわざとリヴァイアサンに洗脳されることで、ついにリヴァイアサンの所在を突き止めます。

その星に向かうのですが、リヴァイアサンが張っているパルスによりシャトルが墜落、そこに同じくリヴァイアサンを追ってきたリーパーも現れて戦闘に。

リーパーを退けつつ、どうやらリヴァイアサンは海中にいるらしいとわかるのですがシャトルが壊れており、パルスのためノルマンディーにも戻れないため、現地にあった潜水用アトラス(大きめのパワードスーツっぽいやつ)でシェパードが単独で海中に向かいます。

海中にいたリヴァイアサンはかなり巨大。実はリーパーが現れる以前から銀河にいた種族で、その頃はあらゆる種族の上に立ち他の種族を隷属させていたと。

しかし、その隷属種族たちが自らを傷つけ滅んでいくため、それを解決するためのAIを作ったところ、それが今のリーパーの「収穫」となってしまったということです。

つまるところ、こいつらが悪いってこと。

リヴァイアサンたちはシェパードを洗脳しようとしますが、シェパードはリーパーを倒すのに手を貸せ!と言って説得します。

意外と素直に言うことを聞いてくれたリヴァイアサン。フラフラになりながら地上に戻ったシェパードは、仲間に抱えられて修理の終わったシャトルへ。脱出します。

 

ということで、クリア前にDLCのクエストたちも終わりました。アサインメントもちゃんとやってるので戦闘資産もだいぶ溜まっているし、レベルもMAXの60になりました。

ついにラストですね・・・。なんか、3はエンディングだけが不満だというのも聞くんですが、どんなエンディングなのか、色んな意味で楽しみです。

今週のお題 五七五

今週のお題「575」

 

 575というと、短歌、俳句、川柳が思い浮かびますが

www.ondoku.sakura.ne.jp

 

こちらのサイトによると、5音と7音の組み合わせは

 

短歌    57577
俳句、川柳 575
片歌    577
旋頭歌   577/577
長歌    57×n+7
連歌    (575/77)×n
仏足石歌  575777
和讃、今様 75×4   または85×4
謡曲    575+75×n
浄瑠璃   75×n
都都逸   7775

 

こんなにあるそうです。う~~ん、やっぱり短歌、俳句、川柳くらいしかわからないな・・・。

あ、浄瑠璃は名前くらいは聞いたことあるな。

都都逸は「どどいつ」と言いますね。これは笑点で見たことある。

 

これだけ種類があるということは、日本語の5音と7音の組み合わせはやっぱりリズムがいいってことなんでしょうね。

 

では僭越ながらここで一句。

 

日本語の 5音と7音 いいリズム

 

・・・うん、こういうの考えるの難しいですね(汗)。

マスエフェクト3 クォリアンとゲスの和解、成る

コリス提督も助け、ゲスのサーバーも破壊したので、遂にクォリアンの故郷ラノックをゲスから取り戻しに行きます。

 

ゲスを殲滅しながらまず基地の防爆シールドを無効化し、成功したら基地を見渡せる場所まで出て、照準器で基地を狙い、ノルマンディーに爆撃させます。これで基地の破壊はなりましたが・・・。

 

その基地跡の穴からゲスを統率していた巨大リーパーが現れます(リーパーの中ではこれでも小型の方らしいですが)。

基地は破壊したんだから逃げよう!とクォリアンたちは言うのですが、うちのシェパードはゲスも助けたいので、ここで逃げたらまた残ったゲスたちが洗脳される!ここで倒す!と宣言。

 

どうやって倒すかと行ったら、基地を爆破したときの照準器で狙って、ラノック星の周りで戦闘しているクォリアンの全艦隊に砲撃させるというもの。

 

巨大リーパーと1対1で対峙するシェパード。リーパーがビームを放って来た瞬間を見計らって、ビームを躱しながらターゲットを合わせます。ビームに当たると一発でゲームオーバー。

照準器で狙い艦隊に砲撃させること5回、5回目は極近距離でスローモーションになりますが、狙い続ければビームが放たれる前に砲撃させられます。

 

遂に1体とはいえリーパーを倒しました。今際の際にあるリーパーがシェパードに話しかけ、有機生命体を絶滅させるのは有機生命体を救うためだ、と意味深なことを言って完全に停止します。

 

ラノックはクォリアンの手に戻った・・・のですがリージョンが、ゲスたちがリーパーの支配から逃れ、リーパーからの支配がない状態でゲスが知性を得られるアップグレードが可能、と言います。

もちろんタリは反対するのですが、リージョンはゲスが攻撃するのは攻撃されていることへの自衛反応である、といい、アップグレードされても反撃することはないと保障する、というのでアップグレードを許可しました。

その後のモラル値の会話により、クォリアンのゲスへの攻撃を停止させ、ゲスのアップグレードは完了・・・と思いきや、アップグレードを完了させるにはリージョンが犠牲になる必要があるということに・・・。

ここではどうあがいてもリージョンとお別れになります。ああ、リージョン、2でも仲間になるのは終盤であんまり連れ歩けなかったのに、3でもすぐお別れなのか・・・いいやつなのに・・・。

リージョンの犠牲のおかげで知性を得たゲスたちは、クォリアンと和解し、共にラノックで暮らすことになります。もちろんリーパーとの戦いには両艦隊が協力してくれることに。

タリは故郷に残るのかと思ったら・・・ノルマンディーに残ってくれるそうです。そうこなくっちゃね!

 

トゥーリアンとクローガンだけでなく、クォリアンとゲスも和解させたうちのシェパード、ギャレスくんから仲介の天才とのお言葉をいただきました(笑)。宇宙の坂本龍馬と呼んでくれてもいいよ(笑)。今回はここまで。

マスエフェクトLE 3プレイ中 クォリアンを支援

寄り道もそこそこにゲスのドレッドノートに向かいます。

いきなり、ドッキングチューブが穴だらけの1本しかないからシェパードが単独で先行することに。真っ直ぐ進むだけかと思ったら演習場に足場を探して進んでいかないといけない・・・なんか不思議な感覚。

途中でチューブが破損してしまうので、他のドッキングチューブを単独で探すことに。

仲間と合流したら制御センター→ドッキングコアへと向かいます。途中もちろんゲスが出てくるので応戦。

ドッキングコアに到着すると中央に巨大な装置。停止させると中から拘束されたリージョンが。リージョンは他のゲスへ信号を送るために利用されていたんだそうな。

リージョンを助けるとドライブコアを停止させ、ドレッドノートは無事機能停止。最後にゲスの群れが襲って来るので撃退し、帰還しようとするのですが・・・。

ドレッドノートが停止したのを見たクォリアンのギャレル提督がまだシェパードたちが脱出していないのにも関わらず攻撃を仕掛けます。ついでにコリス提督もゲスにやられてどこかの星に不時着したとかなんとか。

辛くも脱出しますが、シャラランとギャレルがやっぱり言い争い中。うちのシェパードもギャレルに一言言ってやりましたが、レネゲイドアクションまではしないでおきました。

 

最後の仕上げとラノックへ向かう前に、コリス提督を救出するクエとゲスのサーバーを破壊するクエが発生。

 

まずはコリス提督を助けに行きます。

不時着した惑星はわかっているのですが、ジャミングタワーの近くに落ちたらしく、通信ができないため、まずジャミングタワーを止めに行くことに。さらにタワーのまわりには対空砲があるため、徒歩で対空砲を止めつつタワーへ向かいます。

無事通信が回復すると、コリス提督が部下(民間人)の方を助けに行ってくれ!と言ってきます。

ここで選択肢。うちのシェパードくんはコリス提督を助けました。結局その後部下たちも無事だと聞かされるのですが、難しい選択ですね・・・。

 

無事にコリス提督を助けたら、次にゲスのサーバーを破壊しに行きます。

このクエストはリージョンの案内でゲスの仮想空間に入り込み、ノードを壊すというので戦闘は発生しません。

ノードを壊すごとに過去のクォリアンとゲスの戦争のメモリーが再生されます。その時はゲスに理解を示すクォリアンたちも一定数いて、クォリアンたちはもうそれを覚えていない(もしくはなかったことにしている)が、ゲスたちはずっと記憶している、とリージョンがいいます。

現実世界に無事戻ってくると、ゲスプライムたちが味方に加わります。ここのムービーはちょっとだけ、まさかリージョンが裏切り?とびっくりしました(汗)。

 

今回はここまで、次はおそらくラノックを取り戻しに行くことになるでしょう。

マスエフェクトLE 3プレイ中 クォリアンとサマラとジェイコブ

クォリアンから支援の申し出があったのにとある宙域で身動きが取れなくなっている模様。

会いに行ってみると、遂にゲスから故郷を取り戻そうとしたが、ゲスがリーパーに統率されて攻撃がままならない、と。

そのためにまずゲス艦隊のドレッドノート艦を停止させないといけないらしいんですが・・・クォリアン内でも色々と揉めてるみたいです。はぁ~・・・。

とにかくシェパードがゲスのドレッドノートに向かうことに。クォリアンの新しい提督が同行してくれる、とのことですが・・・・タリちゃんキターーー!遂に3でも再開。

急に提督にされちゃってタリちゃんも困惑しているようですが、とりあえずヨリは戻しておきました(笑)。

 

さて、ドレッドノートに向かう前にサブクエストをやっておきます。

 

まずはアサリのアルダットヤクシの修道院がリーパーに襲われたという知らせ。

アルダットヤクシは2でのモリンスみたいに、欲望を抑えきれないと危険な存在なので、修道院に隔離して暮らさせているんだとか。

向かうと既に戦闘の後のようで、進んでいくとサマラと再開します。

なんでも、娘が2人この修道院にいて助けに来たらしいです。しかしサマラさん、子供何人いるのか知らないけど、3人もアルダットヤクシなんだね・・・。

 

娘の一人、ファーレアを見つけるももう一人のリラがおらず、ついでに修道院は破壊されてしまったらアルダットヤクシの脱走の恐れがあるため爆破しないといけないため、リラを探しつつ爆弾の場所へ向かいます。

道中の新たな敵、それはアルダットヤクシがリーパーに侵されてしまった姿でした。

爆弾の場所にたどり着くと傍らにリラがいるのですが、リーパーに洗脳されかけてしまっていました。

リラは最後に残された正気で爆弾を起動し、敵もろとも自分と修道院を吹っ飛ばします。

ファーレアとサマラ含むシェパード一行は爆発前に脱出しますが、修道院が亡くなった今、アルダットヤクシであるファーレアは法に従えば殺さなくてはならない、しかし娘を殺すのは耐えられない、と自分に銃を向けます。

ここでパラゴンアクションを行えばサマラに自殺を踏みとどめさせる事ができます。

修道院は爆破してしまったが、ここは私の家だ、ここからどこにもいかないというファーレア。これも法が絶対であるジャスティカのサマラを思ってのことでしょうが、ひとまず丸く収まります。

 

続いて、サーベラスから脱走した科学者たちがいるとのことで、仲間に引き入れられれば大きい戦力になるってことで会いに行くんですが、案の定サーベラスに襲われています。

そこに懐かしのジェイコブくんの姿。自分もサーベラスから抜け、科学者たちの脱走を手伝い、今は彼らを守ることに使命を感じていると。

脱出用シャトルを発進させるため、対空砲を起動してサーベラスの艦を遠ざけ、シャトルが発信している間サーベラスから発着場を防衛します。

無事脱出に成功。科学者たちは仲間になってくれますが、ジェイコブをノルマンディーに誘うと、今は科学者たちを守ることが仕事だと言われて断られちゃいます。

あとでリアラの部屋のブローカー端末を見ると、ブレン博士といい関係になっている模様。なるほどね。

 

懐かしの仲間もちゃんと出てくるのがいいですねぇ。これらのクエストの間にシタデルに寄ってミランダやザイード、カスミにも会ってます。だからこそセインやモーディンは本当に悲しいです・・・。

そういえばシタデルでギャレスくんと射撃勝負も出来ましたね。わざと外すって選択肢選んでみたらギャレスくんが大喜びしたのが面白かったです(笑)。

マスエフェクトLE 3プレイ中 トゥチャンカとシタデル

ジェノファージ治療薬散布の準備ができたぞ~ってことで、いよいよシュラウドへ向けて出発するんですが、シュラウドのすぐそばにでっかいリーパーがいてそいつをどうにかしないといけない事態。

ここでトゥーリアンの航空部隊とクローガンの地上部隊でリーパーを扇動し、その隙にシュラウドへ向かう作戦を立てます。

作戦会議のあと、サラリアンの評議員ダラトラスから、ジェノファージの治療を失敗させてくれればサラリアン艦隊の派遣を約束する、と裏取引の持ちかけが。

しかし、いくら世界の命運がかかっているとは言え、1からの付き合いのレックスや、治療に力を注いでいてくれる2からの仲間モーディンを裏切ることなんか出来ないですよ。

 

どうやら、スレッシャーモウの親玉、カルロスというのがトゥチャンカには存在していて、そいつをリーパーにけしかけよう!という作戦になります。

リーパーの極太レーザーを躱しながら2箇所のハンマーを起動すると、カルロスが巨大リーパーに襲いかかります。ここのムービーは大迫力なので一見の価値あり。

 

シュラウドへ向かうとモーディンが。治療薬は出来たが、イヴは死んでしまったとのこと。2でマエロンの実験データを削除してしまったからですよねこれ・・・。

しかもシュラウドが異常に温度が上がっている(ダラトラスの工作らしい)ため、モーディンが身を挺して治療薬散布を成功させることに。

ああ、モーディン・・・最期の歌がいつもどおり陽気なのがすごく寂しかった・・・。

 

かくして、イヴとモーディンの犠牲がありつつもジェノファージは治療に成功し、ここにトゥーリアンとクローガンの同盟が成るのでした。

 

 

その後、ダラトラスからシタデルでウディナの様子がおかしい、詳しいことは会って話すとの連絡。シタデルへ行ってみると、なんとサーベラスに攻撃されている真っ最中。

C-secの本部へ降りて敵を一掃すると、撃たれたベイリーが。おそらくC-sec長官オフィスにダラトラスはいるだろうとのこと。そしてウディナがサーベラスと繋がっている可能性が高いと。くっそーあのヤロー・・・。

オフィスに着くとなんとかダラトラスは無事ですが、サーベラスのアサシンに間一髪襲われそうなところでした。

そこへセインが現れ、アサシンと対決。なんとか退けますが、セインは刺されてしまいます。

 

ウディナが他の評議員も狙っているので、シャトルで向かうのですが、途中でさっきのアサシンに落とされてしまいます。

 

なんとかしてウディナのもとへたどり着くと、アシュリーが何も知らずウディナと他の評議員を護衛しています。近づくとウディナがシェパードはサーベラスの手下だ!と喚き散らし、アシュリーも2の件もあってこちらへ銃を向けてきます。

アシュリーの説得にはなんとか成功しますが、ウディナは逃げようとし、邪魔したアサリの評議員に銃を向けます。

ここでレネゲイドアクションで自分でウディナを撃つこともできるし、スルーしても結局アシュリーがウディナを撃ちます。

 

ウディナのクーデターを収め、シタデルに平和は戻りますが、セインはもともとの病気に加え受けた傷が決定打になり、容態がかなり悪いようです。

病院へ向かうと息子のコルヤットの姿も。2人でセインの最期を看取ります。

ああ、また仲間が逝ってしまった・・・。

 

ノルマンディーに戻ろうとするとアシュリー。ハケット隊にも誘われたけど、ノルマンディーに戻りたいというので、迎えました。仲間は多いほうがいいよね。

 

今回はここまで。ストーリー的にも非常に盛り上がって面白いですが、2まで以上にシリアスですねぇ・・・。仲間が死んじゃうのは辛い(泣)。